ダイビングのお客さんの共通点

スキューバーダイビングについて。スキューバーダイビングとは、スキューバというボンベなどの器材を利用して、ダイビング=潜水することです。

 

そんなダイビングのお客さんの共通点。それは単純に海が好き、ということです。そして、海が好きという単純な共通点で、年齢も職業も違うダイビングのお客さん同士が集まり、出会うことができます。ダイビングのお客さん同士で、スキューバーダイビングについて語り合うのも楽しいです。海の外でもお互いの視野を広げていくきっかけができるのです。スキューバーダイビングについての楽しみは、海の中だけではないのです。

では、始めるのに最低限揃えたいダイビング器材は何か。マスク、シュノーケル、フィン、ブーツです。これらは軽器材と呼ばれ、体への付加を軽減させる補助アイテムです。自分に合ったものにすればより快適になり、体への不具合もあまり起きません。それ以外のダイビング器材は重器材とよばれる物で、水の中で活動するのに必要な、

いわゆる生命維持装置(タンクの空気を吸うレギュレーターセットなど)は、荷物になるし、なにより戻ってから洗ったりお手入れをする手間もあるので、レンタルで十分です。それでもいずれダイビング器材を揃えたい…と思っている方は、レンタルするうち、複数のメーカーの商品を試して、自分に合うと思う気に入ったブランドがあれば、覚えておいて購入の参考にするとよいです。